FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六匹の、いや六十匹位の犬。指



…犬が一匹。犬が二匹。犬が三匹…。

あどうも。お岩さんではありません。三匹の犬・カウント担当、光瀬・牝犬・指絵です。ギャン。

みな皆様のお陰を持ちまして。ついに。明日から。小屋入りです。

イッエーイ!!ウッホーイ!!ギョゴガゴーイ!

過酷な演劇生活で人間らしい感情を失った訳では決してありません。

感謝と畏れと恍惚との。武者震いの歓喜の雄叫びっぽいやつです。ハイ。

我等三匹、ここまで来るのに数多くの皆様にお支え頂きました。本当に。ありがとうございます!本当は三匹だけじゃないのだー!覚悟して下さいよおまだまだお支え頂きますからね~。

そうしてご予約下さった沢山のお客さま、本当にありがとうございます!引き続きどんどんご予約頂いて結構ですからね~。

やはり後半からうまって来ているようなので。最終日が一番混雑が予想されますので。これからお日にちご検討下さる方は前半をお勧めいたしまーす。

勿論あなたが来て下さるならいつでも嬉しい。待ってます。三匹で。雁首揃えて。あれおかしい?犬首揃えて?まあいいか。

このお芝居は、この企画は、本当に不思議。

鈴江氏。
あんなに大雑把で、でも激烈に頭が良くて、でも怒りぼで、でも下ネタ大好きな関西丸出しのオモシロなおじさんが。
何故こんなに複雑で叙情な情動な美しい切ないしかしドライなそして超ヘンテコな素敵な芝居を書けるのでしょう。

金子氏。
あんなに忘れっぽくて乱暴で、しかしとってもシャイで親切で、だがいつもエロDVDを延滞しているガサツな青年、が。
なぜあんなにダイナミックかつ繊細な素敵な芝居をできるのでしょう。

そして繊細かつ叙情的かつ人間の美点というものが服を着て(或いは脱いで)歩いてるようなこの私は。
なぜあの二人にいつもゴミ或いはチリのような扱いを受けているのでしょう。

うーん不思議。演劇界の七不思議。の内三つがもうここにある。

どんくらい不思議なのかは。あなたの目で!直接確かめて!劇場でお待ちしております!ワオーン。

写真1:今年始め。まだ人間らしい感情に溢れてた頃の金子氏。
まだ人間らしい感情に溢れてた頃の私の古巣・猫のホテルの超敏腕制作さん那須みちの嬢と。
三匹の相談に乗って頂く名目でしこたま飲んだ遠い日の夜。

写真2:犬が何匹?


コメント

非公開コメント

トラックバック

http://watasitati.blog110.fc2.com/tb.php/44-9627cc2d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。