スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もだえる役者たち

もだえるうう
演劇は過酷だ。
ときには人間らしい感情を失いそうになる。
ああ。最後に人間らしい会話をしたのはいつだっけ。
ああ。おはようって日本語ではなんていうの?
こんにちはって翻訳するとそれは元気のしるし?
ことばの感覚の繊細な海がこころに満ち満ちてくるとそこからさきは未知の冒険だ。

晴れた空なのに役者たちは外も見ないでテーブルの小さな文字を追う。
ああうつくしいにんげんのすがたではないか。

ああ

ああ

もうインナーマッスルが外から見てもわかる。
すごい役者たちだ。ああ

だけどそれをインナーマッスルというのか?
いうのだ。
正直者にだけ見えるそれを私たちはついに獲得した。
私は正直者だ。
だから見えるのだ。
皆さんも見に来てください。
正直者なら見えるはず。ふふふ

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://watasitati.blog110.fc2.com/tb.php/43-c69cd69a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。